海外転職

海外転職後のキャリアアップ考えていますか?【キャリアアップに繋がる海外転職】

キャリアアップ

「海外転職でキャリアアップを目指したい」おそらく誰でも、自分のキャリアアップができるようであればしたい人は多いはずです。

海外転職をすると、次の転職で不利になることはないのか?どうすれば海外転職でキャリアアップをすることができるのか?

そこで今回は、そんな人の為にキャリアアップを考えた海外転職をするにはどうすればよいのかを解説していきます。

今回の記事のポイント

・キャリアアップ考えた海外転職はどうすれば良いのか
・海外転職を通じてのキャリアアップの選択肢の紹介

海外転職でキャリアアップをすることは出来るのか?

海外 風景

海外転職でキャリアアップをすることは出来ます!ただし、キャリアアップを考えたうえで、海外転職をする場合は仕事選び重要です。

自分が実績を作ることができる、仕事なのかを基準で仕事選びをしてもらうと良いと思います。

また、職場環境に自分が成長できる環境があるかを、面接や転職エージェントと確認をすることが大事です。

  • 語学を学びたいのであれば、他国の言葉を話す機会はあるか
  • プロジェクト責任者など、よくよくは責任ある仕事ができる環境であるか

などなど、人によって自分の目標に対して求める環境は違うと思います。自分が求める環境があり実績を積むことで、成長できる環境があるかどうかを確認しましょう。

面接への実際に業務内容の質問、転職エージェントを通して自分がやりたいことをしっかりと共有しておきましょう。

海外転職をする理由とは?【ネガティブな理由でも気にしない】あなたの海外転職をしようと思った理由は何ですか?もちろん、一人それぞれの海外転職をしようと思った理由は違うと思います。 これから海...

キャリアアップを目指すなら現地採用

インドネシア写真

海外転職でキャリアアップを考えているのであれば、現地採用がおすすめです。

現地採用は自分のタイミングで、次の転職を考えることができるからです。他には駐在員という方法で、海外転職をすることができますが、自分の好きなタイミングで転職をすることは難しいです。

つまり、自分の好きなタイミングでキャリアアップをできるのが現地採用になります。

  • 同じ国で外資系企業へのチャレンジ
  • 別の国や地域へのチャレンジ
  • より責任感のできる会社への転職

これら全てが現地採用は好きなタイミングでできるのが強みです。

グローバル指さす
海外転職の現地採用を全てを書きます!【海外で働いた経験をもとに】今回は海外転職の現地採用についてです。現地採用とはなに?という人も、現地採用の良い所や悪い所を知りたい人も分かるように、現地採用の全てを...

外資系企業にキャリアアップ

外資系企業イメージ

外資系企業への転職へキャリアアップを考えている人もいると思います。まず外資系企業へ転職キャリアアップを考えるうえで、大事なのが二つです。

  • 語学力
  • 実績

しかし、海外転職の仕事のなかには、

  • 職場の人間がほとんど日本人で、仕事で語学スキルを磨くのが難しい
  • そもそも責任あるポジションをすることが難しい。実績を作りづらい

といった仕事もあります。コールセンターの仕事はこういった場合が多いです。

職場関係がほとんど日本人で、仕事場では日本だけです。またたまに、SV昇格する人もいるようですが、かなりまれだと思います。

なので、外資系企業へのキャリアアップ目指すのであれば、仕事で語学スキルや実績をアップできる仕事を選ぶと良いでしょう。

外資系企業に就職できるとどうなるか

外資系企業に就職できると、給料が上がる場合が多いです。また働き方も日系企業と違い、より自分の時間を確保できるような働き方が多いです。

給料でいうと、年収で500万円以上は貰えるケースが多くなります。一言でいえば現地採用のよりも給料は、ほぼ高い確率で上がります。

理由として外資系企業はインセンティブ給料が多いからです。正直、現地採用で給料を上げるのは難しいと思って下さい。

しかし、外資系企業はあなたの能力に応じて、給料が上がりやすです。あなたの能力次第では、日本で働くよりも高給とりになることだってできます

同じ国で転職活動をしてより良い条件を目指す

もちろん同じ国で、再度転職活動をしてキャリアアップすることもできます。ほとんどの仕事が、日本からの転職よりも良い条件の仕事を探しやすくなります。

一度でも自国で仕事をしている経験は多くの企業に評価されやすいからです。また、現在その国に住んでいるのであれば、転職活動もしやすくなります。

なので、日本から初めての海外転職よりも、より良い条件でキャリアアップをすることができるでしょう。

例えば、最初に海外転職をする時は「語学不問」の求人で探していたのが、語学スキルが身に着いたのであれば、「語学不問」でなくてよくなります。

正直「語学不問」でないだけでも、給料相場が10%から20%は上がるイメージです。年間にすれば、1ヶ月分の給料変わってくることになります。

これも相当大きく変わってきますね。

他国の企業へ転職をしてキャリアアップ

海外

次は他国の企業へのキャリアアップです。もちろんの他国へのキャリアアップも可能ですが、希望する企業によっては

  • 語学スキル
  • 実績

をより積み上げた方がもちろんキャリアアップをしやすいです。特に日本人のあなたが、海外に来て、実際になにをしたのか?こういった部分は大きく見られます。

また、今働いている国から、違う国へ転職する理由も面接の時に聞かれる場合があります。自分の経歴から、よりポジティブな返答ができるように準備をしておきましょう。

比較的給料相場が低い国から高い国で転職をするだけでも、条件を必然的に上げることができます。

例えば、アジア圏から欧米諸国に転職をするのが一番分かりやすいと思います。アジア圏の現地採用だと、月収15万円前後が相場です。

欧米諸国であれば、相場的に月収20万円以上まで上げるのはそこまで難しくないはずです。

相場からみても月収5万円、年収にすると60万円上げれることになります。これはかなり大きい数字になってきますね。

日本に帰国をしてキャリアアップを狙う

日本東京タワー

日本に帰国して、海外で働いてきた経験活かすこともできます。最近では企業によっては、海外で働いていた経験が大きく評価されるようにいなってきています。

海外事業部が一番の狙い目

海外で働いた経験は業界というよりも、職種としての経理や人事など海外事業部がある企業で評価されることが多いです。

海外での仕事の流れを知っていることは海外事業等の海外専門部署では高く評価されます。

また、駐在員の下で比較的、経営者の近いポジションで働いていたことは、業界や部署を問わすに、有利に転職をすることができます。

より早く駐在員のポジションを狙うこともできる

海外で働いた経験がある人は駐在員のポジションをより早く狙うことができます。海外駐在員になる為の一つの基準として、海外での就労経験があるかどうかは大きな基準になります。

僕の知り合いの事例ですが、海外駐在員になる為に一年間フィリピンで海外研修があったそうです。

ですが既に海外での就労経験がある人は、フィリピン研修はなしで、駐在員の候補として上がっていたそうです。

これってかなり大きいですよね。駐在員は海外で働くことができ、給料や条件もかなり優遇されます。

駐在員の給料の相場として、現地採用の2倍以上、高い場合だと3倍もらうことができます。

正直、現地採用の僕としても駐在員のお給料は羨ましいです。(笑)

なので、現地採用で働いて、駐在員前提で転職先を探すのも一つに選択肢にすることができます。

綺麗な海外の夜景
海外転職で憧れの駐在員の普通では知れないことで書きます【良いとこ、悪いとこ】今回は海外駐在員についてです。海外駐在員は海外で働く為の一つの方法です。海外駐在員とは?から、海外駐在員のメリット、デメリットと詳しく解...

給料の基準を戻す作業は必要になる

日本に帰国して、転職する場合は給料の基準を戻す必要になります。転職で給料を決める際は前職で働いていた給料の数字が基準になります。

特にアジア圏に海外転職していた場合は、給料が現地のレートで、日本の相場の給料よりも低いことの方が多いです。

この説明を面接でして、もとの日本の給料相場に対して現地でいくら貰っていたのかをしっかりと伝えるようにしましょう。

キャリアアップを考えたうえで必要な選択

選択

キャリアアップを考えるうえで、海外転職をする目的をある程度イメージすることです。

そうすることで、自分がどういった仕事に転職をするべきなのか明確にすることができるからです。

海外転職後のキャリアアップは、これから勤める仕事環境のキャリアが非常に大切になります。

まずは、自分が海外転職を通してどのようにキャリアアップを、実現させたいのかもう一度考えてみて下さい。

海外転職をする理由とは?【ネガティブな理由でも気にしない】あなたの海外転職をしようと思った理由は何ですか?もちろん、一人それぞれの海外転職をしようと思った理由は違うと思います。 これから海...

キャリアアップを考えた転職例

実際にキャリアアップを考えた海外転職例をいくつか紹介します。

外資系企業 語学スキル+実績
同じ国での転職 比較的キャリアアップをしやすいが、語学スキル+実績があればなお良い
他国への転職 語学スキル+実績と、他国への転職する業界での経歴
日本へ帰国しての転職 海外事業部や駐在員のポジションは狙い目。働いていた国によっては給料の交渉が必要になるケースもある。

まとめ

今回は海外転職にキャリアアップについて解説しました。海外転職を通してキャリアアップをする場合に大事になるのが、海外の転職先の選び方です。

その為には自分の海外転職の目的をはっきりして、キャリアアップにつながる海外転職を考えてみて下さい。

自分が実現したいキャリアアップに繋がらない転職では本末転倒ですからね。是非海外転職を通してキャリアアップを考えている人は参考にしてみて下さい。

海外転職の転職エージェントおすすめはこちら
空を見上げるビジネスマン

海外転職で悩んでいる人は無料の転職エージェントに必ず利用しましょう

実際に海外の求人を自分で探すのは難しいです。。実際に僕もまずは転職エージェントにキャリア相談をしました。

日本と違って海外転職は手続きも多くあります。自分でVISAの手続きとか面倒ですよね。なので、全面的にサポートをしてくれる転職エージェントを活用しないと損です!

無料なので使った方が良いですよ!

企業の面接と違って気軽に話せるので、気軽に転職活動ができます。

海外転職者が絶賛するおすすめの
海外転職エージェントはこちら