海外転職

海外転職は未経験でも可能なの?

空飛ぶ ビジネスマン

海外で一度働いてみたい。英語はできないけど海外転職はできるの?そんな風に一度は思ったことありませんか?

かりに未経験で英語が出来なくても海外転職はできます!そこで今回は海外転職未経験の人が実際に転職できる方法を解説します。

海外で働くにはいくつか方法があります。今回の記事を参考に自分が一番どのように働くのが良いのか参考にしてみて下さい。

海外転職は未経験でも可能か?

海外転職は可能か?

冒頭でも書いた通りに未経験でも実際に海外で働くことは可能です。海外で働こうと思ったら主に3つの方法があります。

  • 海外駐在員
  • 現地採用
  • ワーキングホリデー

ではそれぞれ詳しく解説していきます。

海外駐在員

海外駐在員は日本本社の雇用で海外拠点に派遣されて働く方法です。

海外駐在員で働くメリットとして

  • 給料が高い
  • 住宅費用会社負担
  • その他福利厚生の充実

条件面で好待遇です。給料は日本側の給料基準+海外派遣手当等がもらえるので日本で働くより給料が高くなることが多いです。

ただ海外駐在員は日本本社で働いて実績をつんでからでないと海外拠点で働くことができません。

しかも会社都合の海外派遣になるので、好きな国を選べない、海外で働く期間も会社都合というデメリットがあります。

良い条件で海外で働きたい人は、海外拠点がある日本の会社で数年働いて駐在員を目標にすると良いでしょう。

現地採用

現地採用は海外現地の会社に直接雇用で働く方法です。

現地採用のメリットとして

  • 自分の好きな国で働くことができる
  • 自分の好きな期間働くことができる
  • 能力があれば仕事の選択肢が広い

自分がこの国でこんな仕事をしたいと思ったらすぐに就職活動をすることができます。ただ現地採用のデメリットとして、給料が安い、福利厚生が充実してないというデメリットがあります。

しかし現地採用でも昇給はあります。また業績によってはボーナスがある会社もあるので、現地採用でも頑張って給料上げることは可能です。

とにかくすぐに自分の好きな国で働いて実績をつみたい人は現地採用を選択すると良いでしょう。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは基本18歳から30歳を対象に日本がワーキングホリデー協定国を結んでる国で働くことができるVISA制度を利用して働く方法です。

渡航先でアルバイトとして働きながら、その国の言語(英語)や文化を長期間にわたり学べることができます。

ワーキングホリデーのメリットとして

  • 働きながら英語を学ぶことができる
  • 比較的語学レベルが低くても欧米で働ける

「英語が日常会話レベルしかできません」そんな人でもワーキングホリデーは海外で長く働きながら英語を学べます。

語学のレベルアップをして、海外で外資系企業または、日本で語学を活かした職業に就きたいという人にはおすすめの方法です。

ワーキングホリデーのデメリットとして、初期費用が高いです。VISA取得費用、渡航費用、現地滞在中の保険費等の全てを自己責任で準備をしなければなりません。

現地採用でもVISA取得費用、年間保険料等、最低限は企業が負担してくれるところが多いので、ワーキングホリデーの初期費用は1番お金がかかってしまいます。

国の物価にもよりますが、初期費用で最低でも100万円は必要なケースが多いです。実際に現地に渡航して仕事先を見つけるので、すぐに仕事が見つからなかった場合も考え金銭的に余裕があることをおすすめします。

ある程度貯金に余裕があり、英語力は乏しいけど英語圏の海外で仕事をしながら英語を学びたいという人はおすすめの方法です。

海外で働く方法3つのまとめ

海外で働く方法を表にまとめました。条件等自分にあった海外転職を見つけてみて下さい。

給料(福利厚生) 初期費用 国や仕事の選択肢 おすすめする人
駐在員 高い、良い 会社負担 会社都合 数年日本で勤めて海外で良い条件で働きたい人
現地採用 安い、普通 一部会社負担 基本自由。能力が問われる 好きな国で海外で働きたい人
ワーホリ 安い、無い 全て自己負担 ワーホリ協定国 欧米で働きながら英語を学びたい人

未経験で海外転職がすぐできるのは現地採用

空港

未経験で海外転職がすぐにできるのは現地採用です。現地採用の場合は働きたい国ですぐに転職活動をすることができます。

海外駐在員の場合、日本本社で少なくても数年働いて実績を認めてもらわないと海外で働くことはできないです。

ワーキングホリデーの場合はあくまでアルバイトなので、言語を勉強しに海外に行く人向けの制度になります。現地採用は「業界経験不問」「語学不問」でも求人は多数あります。

日系企業も多く海外に進出しているので、英語ができない、海外で働いたことが無いという人でも応募することができます。

なので、未経験で海外転職を実現したい人は現地採用がおすすめです。

英語ができない未経験者の海外転職はアジアがおすすめ

英語ができない人であればアジアでの海外転職がおすすめです。アジアの現地採用の求人は「語学不問」の求人が多くあるからです。

アジア圏は特にトヨタやスズキといった自動車産業の企業が参入しています。それにともなって、車の部品を売ってる企業や、製造をやってる企業が多いです。

なので取引先も基本的には日系企業が多く難しい英語を必要としないので、英語が話せなくても働くことができます。

英語ができない人はアジア圏で転職をしてまずは実績をつむのがおすすめです。

英語ができるまたはエンジニア経験者は欧米も狙える

英語ができる、もしくはシステムエンジニア経験者であれば欧米の就職も狙うことができます。

欧米の現地採用の場合は英語が必須になるのがほとんどです。システムエンジニアは全世界共通の言語を使うので、世界で通用する能力です。

逆に、英語もまったくできずエンジニア経験も無い人で欧米で働くのは難しいです。他の仕事で自分の能力を高めてから欧米の転職にチャレンジする方が、確実にキャリアアップをすることができます。

なので英語ができるかシステムエンジニア経験者であれば欧米で働くことも視野に入れると良いでしょう。

未経験者が海外転職の際に気を付けること

チェック

初めての海外転職で不安も多いと思います。そこで未経験者が海外転職の際に気を付けることを紹介します。

現地採用の給料は安く叩かれることがある

現地採用の給料は安く叩かれることがあります。給料を安く叩かれるのは、特にアジア圏の日系企業の求人に多いです。

なぜなら、現地採用の場合は現地の物価に合わせて給料が安いことが多いからです。海外駐在員は、日本本社の基準で給料が決まるので、条件面がかなり良いことが多いです。

しかし現地採用は現地の会社の雇用になるで、現地のレートで給料が決まります。なので現地採用は少しでも現地の給料の相場に合わせようとするので、安く叩かれやすいです。

面接で自分をアピールして給料面の交渉をすることが重要になります。

VISA申請手続きに時間がかかる

VISAの申請手続きに時間がかかります。就労VISA申請手続きは大使館で行います。平均で1ヶ月半から長くて3ヶ月かかる場合もあります。

また就労VISA申請にあたって必要な書類を集める必要もあります。必要な書類を準備して大使館で申請をし、許可がおりるまで1ヶ月半から3ヶ月はみておいた方が良いです。

内定が決まってすぐにその国に渡航できるわけではないので、注意をしておきましょう。

初めての海外転職に欠かせないのは「現地視察」

初めての海外転職で欠かせないのは「現地視察」です。海外では「気候」「食事」「人」全てが違うからです。

海外転職では仕事も変われば、住む環境全てが変わります。もしいざ海外転職が決まってその国に住んで何もかもが自分に合わなかったらどうですか。

かなり苦痛になってしまいますね。なので海外転職では「現地視察」は必ずしておくことをおすすめします。

最近はLCCなどコストを抑えて海外に行けるので、時間を見つけて是非一度興味がる国に渡航してみて下さい。

給料重視で海外転職を考えるなら

給料重視で海外転職を選ぶのであれば、語学力を高めてから海外転職を考えた方が良いです。

語学力(英語)があるだけでも給料の相場が上がります。また英語圏の比較的給料が高い国でも転職できるようになります。

例えばアジアの求人の場合、語学不問」の求人より「ビジネスレベルの英語」が必要の求人であれば、平均で約5万円給料が高かったです。月収で5万円変われば、年間で60万円変わってきます。

物価の安いアジアで年収60万円の差はかなり大きくなります。なので日本で英語を学んで海外転職をする。

それか、ワーキングホリデーで英語力を身に着けて転職するのがおすすめの方法です。

未経験の海外転職は転職エージェントがおすすめ

転職エージェント

初めての海外転職では転職エージェントがおすすめです。転職エージェントは無料相談ができて、自分の能力にあった求人をサポートしてくれます。

いくつかある転職エージェントサポートなのかでも特におすすめ会社を紹介します。

初めての海外転職ならリクルートエージェント

リクルートエージェント

初めての海外転職ならリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントは求人数も多く、「語学不問」「業界未経験」でも応募できる求人が多いです。

語学不問

実際に僕が初めて海外転職で求人を探したのもリクルートエージェントでした。英語できない、現地の言葉もそこまでできない状態でも多くの求人を紹介してもらいました。

なので初めての海外転職、未経験の人はリクルートエージェントで求人を紹介してもらうことをおすすめします。

リクルートエージェントはこちら

幅広い求人を求めるならDODA(パーソルキャリア)

DODA

幅広い求人を探して海外転職をしたい人はDODA(パーソルキャリア)がおすすめです。実際に僕もDODAで登録をして求人を紹介してもらいました。

その際に他社ではあまり見ることが少ない、「語学を活かす新聞記者」から「人材育成」よいった求人を紹介してもらいました。

なので幅広く色んな求人を探してる人であれば、幅広い求人を見つけることができるかもしれないです。

DODO(パーソルキャリア)はこちら

語学力を活かした求人を探すならJAC Recruitment

JAC Recruitment

英語が話せるのであればJAC Recruitmentがおすすめです。JAC Recruitmentは語学力を活かした求人が数が非常に多いです。

なので比較的給料面など条件が良い求人が多いです。実際に僕は英語を話すことができないです。JAC Recruitmentに登録をしましたがリクルートエージェントより多くの求人を紹介してもらうことはできなかったです。

逆に英語が話せるのであれば条件が良い求人が多く揃ってるのでおすすめです。なので英語を活かしたい、現地の言葉を話すことができる人はJAC Recruitmentでお仕事を見つけてみて下さい。

JAC Recuitmentはこちら

まとめ

今回は未経験者の海外転職のポイントをまとめました。海外で優雅に暮らしたい。海外で仕事をしてキャリアアップをしたい。英語を学びながら仕事をしたい。でもどうしたら良いのか分からない。

そんな人は是非今回の記事を参考に海外転職をチャレンジしてみて下さい!

海外転職の転職エージェントおすすめはこちら
空を見上げるビジネスマン

海外転職で悩んでいる人は無料の転職エージェントに必ず利用しましょう

実際に海外の求人を自分で探すのは難しいです。。実際に僕もまずは転職エージェントにキャリア相談をしました。

日本と違って海外転職は手続きも多くあります。自分でVISAの手続きとか面倒ですよね。なので、全面的にサポートをしてくれる転職エージェントを活用しないと損です!

無料なので使った方が良いですよ!

企業の面接と違って気軽に話せるので、気軽に転職活動ができます。

海外転職者が絶賛するおすすめの
海外転職エージェントはこちら