海外転職

海外転職を考えてる人がするべき準備【やらずに転職しないで】

海外転職 準備

一度は海外で働いてみたいと思ったことはりませんか?海外で働いてきらきらしたい。海外での仕事に憧れる。理由は色々あると思います。

だけどまずは海外転職について再度考えて「なぜ海外で働こう」と思ったのかよく考えた方が成功します。

そんな一度は海外転職をしてみたい!そう思ったことがある人のむけに海外転職で必要な準備を解説していきます。

海外転職をする前にやるべき準備とは

メモをとるビジネスマン

ではさっそく海外転職をするうえで考えてほしい準備項目を紹介します。

海外転職をする理由を明確にする

まずは海外転職をする理由を明確にしてください。なぜあなたが海外転職をしようと思ったかよく考えます。

理由が明確でないとせっかく海外まで来て転職をして途方にくれてしまいます。理由はどんな理由でもOKです!できればポジティブな理由だとより良いです。

例えば、好きな国があってその国で仕事がしたい、異文化に触れてみたい、海外転職をしてキャリアアップを目指したい。

海外転職の理由を明確にすることは海外転職を成功させる第一歩になります。なのでもう一度なぜ自分が海外転職を目指すようになったのかを考えてみて下さい。

自分のキャリアをもう一度振り返る

海外転職をする時に自分のキャリアを見返すのは凄く大事になります。機械エンジニアやシステムエンジニアなど、より知識や経験が必要な仕事のキャリアがある場合は海外転職で有利になるからです。

日本でやってきた経験が海外転職では評価されて、選択できる求人の幅が増えます。例えば下記の求人の機械エンジニアの仕事です。

下記の仕事は機械エンジニア限定の募集で条件もいい求人です。

語学不問 プレス技術

エンジニア関係の仕事は貴重な経験になります。なので自分のキャリアをもう一度見返して何が海外転職で活かして仕事ができるのかを考えてみると仕事の幅が広がります。

あなたの経験が海外で必要とされるスキルかもしれません

働きたい国の視察、調査

働きたい国は一度は行ってみて、現地の雰囲気や生活スタイルを肌で感じた方が良いです。一度でも実際に現地に行くことで、自分がその国で働くイメージが持てます。

たいていの人は何も分からない国でいきなり海外で仕事をするとなると色んな不安がでてきてしまいす。

食事はどうだろう。治安はどうだろう。言葉はどうだろうとか。この不安は現地に一度行ってしまえば、ある程度その国での生活がイメージできるようになり解消されるはずです。

なので、かりに現地に行ったことがない国で海外転職を考えているのであれば、一度は現地に行ってみると良いです。

海外で働いたあとのキャリアをある程度イメージする

海外で働いたあとのキャリアをイメージして海外転職を選択した方がいいです。海外転職をして次のキャリアで転職を考えた場合は

  • 同じ国で転職をする
  • 別の国で海外転職をする
  • 日本に帰国して海外転職をする

方法があります。特に日本で転職活動をする場合は、日本に帰国をしてからの転職活動になります。なので、転職活動がうまくいかないと仕事をしない期間が長く続いてしまいます。

なのである程度海外で働いたあとのキャリアをイメージしておくと、次のキャリアの為の海外転職ができるはずです。

海外転職後のキャリアをイメージしておくことで、目的をもって海外転職ができる

実際の海外での仕事の特徴を理解しておく

海外で実際に働く前に海外での仕事の特徴を理解しておきましょう。海外での仕事の特徴を理解しておくことで、実際に海外で働いた時にすぐに現場の空気になじむことができます。

海外では日本と違って自主性を大事にします。日系企業と外資系企業でも変わってきますが、海外拠点の日系企業でもどちらかというと自主的に仕事を進めていくことが日本より多いです。

新人研修をやってくれる企業もそんなに多くないので、やりながら失敗して学ぶというスタイルで仕事をやっていきます。

僕も実際にインドネシアで働いた時は充実した研修がありませんでした。その分やりながら覚えるスタイルです。

ちなみに僕は最初にインドネシアで働いた時は経理関係をメインに仕事をしました。下記の領収書をまとめてとにかく帳簿してました。

インドネシア領収書

インドネシア語で書いてます。最初は正直こんなの分かるかって感じですよ。意味分からなかったです。でもやりながらなんとか覚えましたね。

僕はベンチャー企業でローカルの人が多かったので少し極端かもしれませんが、海外で働くとこういう「分からないことを任される」こがあるかもしません。

そういった意味ではかなりメンタル的にも強くすることができます。ですがほとんど海外での仕事の特徴を知らないで、転職をするとメンタルをやられてしまう場合があるので注意しておきましょう。

できればあったらいい語学力

当たり前ですが語学力はできればあった方が海外転職が有利になります。しかし語学力はすぐに身に着けることが難しいです。

すぐに海外転職をしたいのであれば、語学不問でも求人はあるので転職をしながら語学力を身に着けると良いでしょう。

しかしまだ海外転職をするまで時間がる人は少しずつ語学力を身に着けておいた方が良いです。実際に僕が海外転職した時は語学不問で求人を探しました。

正直色んな求人を見ながら「英語が話せたらなあ」と勉強しておけば良かったと後悔してます。なのでもし海外転職をするまで時間がある人は語学力を身に着けておくと、海外転職が圧倒的に有利なるので、勉強をしておくことをおすすめします。

大学卒業はしておいた方が海外転職しやすい

大学卒業はしておいた方が海外転職しやすくなります。理由はVISAです。最終学歴が大学以上でないと、原則就労VISAの取得ができない国が多いからです。

E基本的に最終学歴が大卒以上でないと、7割程度の国で就労VISAをとるのが難しくなります。

大学を卒業していない人でも長期の社会人の経験があればとれる国もありまが、大学を卒業をしてる人と、していない人では就労VISAのとりやすさがまったく違うのです。

Pなので今はまだ学生で将来海外転職を考えているので、あれば必ず大学は卒業した方が良いです。社会人の人で大学卒業の資格をとりたい人は放送大学がおすすめです。

海外で働くことのメリットとデメリットの理解

メリットデメリット

海外転職を考えるうえでメリット、デメリットの理解するのはかなり大事です。実際に僕が海外で働いた経験をもとに感じたメリット、デメリットを紹介します。

海外転職のメリットとは

まずは海外転職のメリットです。

  • 自分の視野を広げることができる
  • 逆境に強くなる
  • 異文化に触れることができる
  • 気持ちが寛大になる
  • 自信がつく
  • 国によっては生活コストを下げることができる

海外旅行に行ったことある人は分かると思いますが、日本の常識が世界の常識ではないです。特に海外で仕事をしていると常識の違いが顕著にでます。

この日本とは全く違う環境で仕事をすると色んな荒波にもまれることになります。また最初はコミュニケーションでも言葉が話せないとうまく仕事ができません。

僕も日本では、こんなことありえないだろ、、みたいなことは多々ありました。そんな状況でもなんとか試行錯誤をして仕事をやっていくことで、メンタル的に大きな成長に繋がります。

独立のイメージがしやすくなる

また国によっては生活コストを下げることができるので、独立を考えてる人にとってはイメージがしやすくなると思います。

東南アジアとかだと月5万円で生活できる国が多いです。一度その国で暮らすことで、月5万円の生活ができます。月5万円副業で稼ぐことができればその国で独立ができることになります。

日本だと月で20万円は必要ですよね。副業で20万円となると少しハードルが上がります。しかし月5万円だったらどうでしょう。なんかできそうな気がしませんか?

なので、月のコストを抑えてよくよくは独立をイメージしやすくなるのも大きな一つのメリットです。

海外で仕事をすると日本よりも比較的に副業の時間もとりやすい

海外転職のデメリットとは

海外転職のデメリットとして

  • 給料が下がる場合がある
  • 異文化になれるまで時間がかかる
  • 孤独感じることがある
  • 食生活がかたよる

給料は働く国によりますが、日本よりも給料の基準が低い国へ転職をすると低い場合があります。そして孤独を感じる時はまれにでできます。

僕は一人が好きなタイプなので問題はなかったですが、一人が苦手なタイプは最初は言葉の壁もあるのできついかもしません。

あと一番海外転職で困ったのが「食事」です。海外だと日本の食事と違って脂物が多かったり、甘い物が極端に多かったりとにかく食事に偏りがでてしまします。実際のインドネシアの食事はこんな感じです。

インドネシア食事

かなりローカルよりですが、こういった食事に慣れる必要があります。日本食レストランもありますが毎日食べるわけにもいかないので、現地の食事になれる必要があります。

現地の食事は最初は美味しくても、長期で住んでると日本食が恋しくなります。長期で住んでると色んな場面で日本の住み心地の良さを実感します。

メリットデメリットを理解したうえで海外転職を考えよう

海外転職はメリット、デメリットを理解したうえで転職を検討するようにしましょう。海外転職のメリット、デメリットを理解しないで、「憧れの海外生活」「海外で仕事とはきらきら」してるそんな風に思って海外転職をするならやめておいた方が良いと思います。

なぜなら異国で住んで仕事をすると大変なことはたくさんあります。思ってないような失敗もたくさんします。

多分皆さんが思ってるようなきらきらな海外転職はほんとに良い条件で転職ができた人です。でも最初はそんな条件で転職は簡単ではありません。

なのでまずは海外転職でキャリアをコツコツつむ覚悟で考えて転職を考えてみてみると良いでしょう。

海外求人を探すなら転職エージェントを使う

外人 相談

海外転職の求人を探すなら転職エージェントを使った方が良いです。転職から実際の渡航まで、初めての海外転職でも手厚くサポートをしてくれます。

無料のキャリア相談がある

転職エージェントでは無料のキャリア相談があります。今までのあなたのキャリアや転職の条件をヒアリングしてエージェントが最適な求人を紹介してくれます。

僕も海外転職の時は転職エージェントに登録をして相談をしました。一度相談をするだけで、自分にあった求人をメールで紹介をしてくれます。もちろんとりあえず相談だけでもって人も使ってOKなサービスです。

とりあえず自分のキャリアをもとに海外転職の相談をしたい人は利用するといいかもしれんせん。

就労VISA取得のサポート

転職エージェントからの紹介で内定をもうらことができると就労VISA取得までサポートをしてくれます。

就労VISAは国によっても取得のルールがばらばらでかなり複雑になります。おそらく自分ひとりでやるのは難しいです。

実際は下記のようにメールで必要書類のやりとりをして、データで添付をしてエージェントに送るだけです。

visaやりとり

あとは大使館に直接パスポートと申請書類を持って各国の就労VISAを申請します。この時は何が必要なのか細かくサポートをしてくれます。

就労VISA申請サポートも無料で行ってくれます。(実際の就労VISA申請料は企業側が負担か要確認)なので転職エージェントを活用して内定後までのサポートを受けることをおすすめします。

自分で探すより良い求人が見つかる

転職エージェントを使うことで自分で探すよりも良い求人を早く見つけることができます。上記でも紹介したキャリア相談をもとに、転職エージェントはあなたにあった求人を常にチェックしてくれます。

そこで希望があったら条件にマッチした求人をメールで知らせてくれます。海外転職の求人は数が日本の求人が多くないので、人気の求人は先にライバルに内定をとられたりする場合もあります。

毎日リアルタイムで求人をチェックをするのは無理な話です。なので、転職エージェントを活用してリアルタイムで自分にマッチした求人をチェックできるようにした方が良いです。

空飛ぶ ビジネスマン
海外転職は未経験でも可能なの?海外で一度働いてみたい。英語はできないけど海外転職はできるの?そんな風に一度は思ったことありませんか? かりに未経験で英語が出来な...

まとめ

今回は海外転職で準備しておくべき項目をまとめした。海外転職をするうで大事なのは、「なぜあなたは海外転職をしよう」と思ったのかをもう一度考えてみると良いでしょう。

いきおいで決断することも一つですが、海外転職の場合は現地に行ったあとにすぐにやめて帰国となるとかなり大がかりです。日本で仕事をしていて辞めるとはまた違ってきます。

なので海外転職の良い所、悪い所を再度見直してより前向きな状態で海外で仕事ができるようにしましょう。

海外転職の転職エージェントおすすめはこちら
空を見上げるビジネスマン

海外転職で悩んでいる人は無料の転職エージェントに必ず利用しましょう

実際に海外の求人を自分で探すのは難しいです。。実際に僕もまずは転職エージェントにキャリア相談をしました。

日本と違って海外転職は手続きも多くあります。自分でVISAの手続きとか面倒ですよね。なので、全面的にサポートをしてくれる転職エージェントを活用しないと損です!

無料なので使った方が良いですよ!

企業の面接と違って気軽に話せるので、気軽に転職活動ができます。

海外転職者が絶賛するおすすめの
海外転職エージェントはこちら