海外転職

海外転職で後悔したくない人は見て下さい【後悔してしまう事例紹介】

海外転職後悔

海外転職をして後悔したくない。もうすでに海外転職をして後悔してしまっている。転職は人世のなかでも大きな分岐点になります。

それが海外転職なんてなると、日本とは違うので、なおさら色んな選択が慎重になってしまうと思います。

できれば、失敗したくないし、後悔なんてしたくないですよね。そこで今回は、海外転職で後悔してしまう事例を紹介していきます。

海外転職をして後悔をしてしまうパターン

後悔

海外転職で後悔してしまう人の特徴をまとめてみました。先に後悔してしまうパターンを理解して、失敗しない海外転職をしましょう。

自分のレベルに合ってない就職をして後悔

自分のレベルに合ってない海外転職をしてしまい、後悔をすることがあります。パターンは二つあると思います。

  • もっと高いレベルでも職場環境を期待していた自分には物足りない
  • 周りについていけないくらい、仕事がやっていけない環境

まずは自分の求める職場環境と自分のスキルを見つめなおして再度考えることが大事です。

あとは徹底的に転職エージェントと、求める仕事の内容をすり合わせて下さい。海外転職は自分で求人を見つけてやるよりも、転職エージェントを利用した方が、効率が上がります。

転職エージェントとしっかり自分の希望を共有できていれば、自分のレベルにあった求人を紹介してくれます。

JAC求人紹介メール

なので、自分に合ってない仕事に転職してしまわないように、転職エージェントとしっかりと希望求人のすり合わせをしましょう。

複数の転職エージェントを利用して自分に合ってる転職エージェントを見つけて下さい。

そもそも転職先の海外の環境が合わなくて後悔

インドネシア 街並み

海外は国によって環境が変わるので、転職してから環境に合わないこと知って後悔してしまうこともあるかもしれません。

海外転職では必ず一度は、転職先の候補の国に行ってから決めることをおすすめします。面接でも「海外での暮らしは問題ないですか?」高い確率で聞かれます。

もちろん暮らしてみないと分からないこともあります。しかし大半のことは一度旅行でも行ってもらえば、なんとなくでも自分に合うのか、合わないのかが分かります。

食事は美味しいか、気候は自分に合っているか、現地の人とのコミュニケーションでストレスはないかなど、体験してみるのが一番です。

なので、まだ転職先の国に行ったことがない人は必ず一度は現地を訪れるようにしましょう。

駐在員と比較して後悔してしまう

現地採用で海外転職をした場合は駐在員と待遇を比較してはいけません。当たり前に現地採用は駐在員(日本本社採用)よりも給料が安いです。

そんな意味のない待遇を比較して悲観的になっても仕方ありません。その分、現地採用は好きな国で働けたり、長く海外で働けたり、自由です。

僕は駐在員と比較なんかせずに、自分のやりたいことができている方が十分充実して生活できたし、満足しています。

駐在員と比較してしまうのは気持ちの考え方次第でどうにでもなるので、転職前から「駐在員」とは比較しないを前提に海外転職をしましょう。

グローバル指さす
海外転職の現地採用を全てを書きます!【海外で働いた経験をもとに】今回は海外転職の現地採用についてです。現地採用とはなに?という人も、現地採用の良い所や悪い所を知りたい人も分かるように、現地採用の全てを...
綺麗な海外の夜景
海外転職で憧れの駐在員の普通では知れないことで書きます【良いとこ、悪いとこ】今回は海外駐在員についてです。海外駐在員は海外で働く為の一つの方法です。海外駐在員とは?から、海外駐在員のメリット、デメリットと詳しく解...

語学についていけずに悲観的になってしまう

インドネシア領収書

語学についていけずに悲観的になってしまって、後悔をしてしまうこともあります。特にこれは最初の半年間の期間でなってしまうことが多いです。

語学ができない人は、語学不問の求人に応募をすることが多いと思います。

語学ができない人でも、仕事が海外でできると思っていったら、思ったより英語を使う場面が多いことも職場によってはあります。

取引先のメールのやりとりが英語だったり、報告書の作成が英語だったり、求人には書いていない業務内容があることが多いです。

語学にあまり自信がなくて、英語を使っての仕事はとりあえず控えたい人は、面接の時点で必ず確認しましょう。

  • 「社内コミュニケーションはどの程度の英語力が必要ですか」
  • 「営業先で英語や現地の言葉を使うことはありますか」

などです。自分が働く職種やポジションで起こりうる、場面を想像して面接官に質問をします。

そうすることで、自分にはこの仕事で頑張っていけるのか、または実際に入社までの期間でやるべきことが見えてきます。

実際にその会社へ入社前にどの程度の語学スキルが必要か理解をしておけば、入社してからの後悔はなくなるはずです。

海外転職をしないで後悔をすることもある

海外 風景

海外転職にずっと興味があったのに、動きだせずに後悔をしてしまっている人もいます。僕としては一番したくない後悔です。

今で書いた後悔は、その人のメンタルや頑張り次第では修正ができる後悔だと思います。語学スキルが追いついていないなら、勉強をしてスキルを身に着ければいいです。

しかし、海外に挑戦をしておけば良かったと悔やんだ時間は戻ってこないです。やらずにくすぶっていた時間は戻ってこないからです。

実際に海外転職をしておけばよかったと思ってしまう人もたくさんいます。

なので、海外転職に興味がある人は、入社してからの後悔や不安の対策をして消してあげて、チャレンジをするのが一番良い方法だと思います。

やらずの後悔は、一番悔やまれる後悔です。

海外転職は何歳でも遅いということはない

よく海外転職は若いうちからするべきとか、35歳までするべきといった言葉を聞くと思います。

そんなことはなくて、海外転職は何歳でもできます。よくシニア系を中心に募集している求人は工場長などの、経験やマネジメントスキルが求められる求人が多いです。

ある程度に年齢までいけば、日本での職務経験やスキルを評価されて、海外転職で有利に転職をすることができます。

主に評価されやすいスキルとして

  • 機械エンジニアスキル(製造業界のエンジニア)
  • ITエンジニアスキル
  • マネジメントスキル(管理職など長年やっていたなど)

が海外転職では特に優遇され、求人も多くでています。

特に機械エンジニアスキルは職人のようなスキルで、短期間で身に着くスキルではない物が多いと思います。

僕は一度CAD/CAMという製造業エンジニアに応募して、一人前になるのに、3年以上はかかると言われました。

そういった求人枠はやはり、長年経験してきた人でした即戦力として働くことがでません。

なので、海外転職で遅すぎるということはなく、あなたの経験していたスキルとマッチした仕事が見つかれば、転職をすることができます。

海外転職は何歳までできるのか?【年齢ごと解説】海外転職は何歳までできるのか?実際若い人でないと難しいのではないか?今回はそんな疑問を解消していきます。 先に結論を言ってしまうと...

まずは求人チェックからしてみる

タイ 金属プレス金型 仕事内容

海外に転職に興味がある人は、求人チェックをしてみるところから始めてみて下さい。

求人をチェックをするだけなら、別に今の仕事を辞める必要はないですし、もしかしたら自分の理想とする求人があるかもしれません。

情報も集めないで、自分には難しいと辞めてしまって後悔してしまうよりも、まずは情報をありったけ調べてみてはどうですか?

海外転職は別に未知な世界ではなくて、情報が転がっています。調べてみれば、大抵の不安を解消できて、やれば良かったなんてことは無くなります。

まずは自分の好きな国でどんな仕事があるのかチェックをしてみるところから始めてみて下さい。

後悔しない海外転職をするためにチェックしておくべきこと

確認イメージ

海外転職で実際に入社して後悔しないためにチェックしておくべきことをいくつか紹介します。

自分は何のために海外転職をしたいのか再度考える

海外転職の理由は人それぞれ違うと思います。

  • 海外でキャリアアップをしたい
  • 語学スキルを活かした仕事をしたい
  • グローバルな環境で仕事がしたい
  • 海外に住みたい

様々な理由、目的があって海外転職をするはずです。その理由を再度自分のなかで確認することで、目的にあった海外転職ができているかを確認することができます。

目的がはっきりしていないと、自分の目的にあった海外転職をするのは難しいです。海外転職はする仕事や国で、職場環境や条件が全く変わってきます。

必ず自分の海外転職の目的を明確にして、転職エージェントと条件のすり合わせをしっかりと話すようにしましょう。

海外転職をする理由とは?【ネガティブな理由でも気にしない】あなたの海外転職をしようと思った理由は何ですか?もちろん、一人それぞれの海外転職をしようと思った理由は違うと思います。 これから海...

最初から全てうまくいくわけがないと割り切る

最初から全てうまく行くわけがないと割り切ることも大事です。

僕が思うに後悔は自分が思っていた期待の裏切りからでてくるものです。「海外転職してばしばし仕事をするはずだった」とかです。

海外で働くことに過度な期待をしすぎてしまった結果だと思います。特に最初は何事もうまくいくわけがありません。

初めての社会人で仕事を始めたばかりの時、新しいバイトを始めた時、最初から全てできるパーフェクトプレイヤーは、ほとんどいないと思います。

海外転職でも一緒です。むしろ初めての人は、海外で働くこと自体が初めてだと思うので、最初から全てうまくはいきません。

無理な期待はしないで、良い意味で気楽で働くことが下手な後悔の感情をうまない方法です。

不安であれば最低限の語学スキルを身に着けておく

インドネシア語 勉強

もし海外転職で語学がまったくできなくて不安であれば、少しだけでも語学スキルを身に着けておくことをおすすめします。

海外で仕事をするうえで、一番の壁になるのがコミュニケーションです。コミュニケーションがスムーズにできれば、仕事の悩みのほとんどは解決することが多いです。

コミュニケーションができれば、仕事を早く覚えることができるので、海外転職をして後悔してしまうなんてこともかなり減るはずです。

単語帳を開いて簡単な単語を一通り覚えておくだけでも違うと思います。海外に行ってから覚えることもできますが、不安な人は最低限語学スキルを身に着けておくといいでしょう。

まとめ

今回は海外転職で後悔しやすいパターンを紹介しました。また海外転職をしないで、後悔をしてしまっている人もいます。

後悔も「やってしまった後悔」と「やらなかった後悔」があると思います。やらなかった後悔の時間を取り戻すことはできません。

しかし、「やってしまった後悔」は気持ちの準備と、対策で後悔しない海外転職ができるようになります。

是非、今回の記事を参考に海外転職をしてみて下さい。

海外転職の転職エージェントおすすめはこちら
空を見上げるビジネスマン

海外転職で悩んでいる人は無料の転職エージェントに必ず利用しましょう

実際に海外の求人を自分で探すのは難しいです。。実際に僕もまずは転職エージェントにキャリア相談をしました。

日本と違って海外転職は手続きも多くあります。自分でVISAの手続きとか面倒ですよね。なので、全面的にサポートをしてくれる転職エージェントを活用しないと損です!

無料なので使った方が良いですよ!

企業の面接と違って気軽に話せるので、気軽に転職活動ができます。

海外転職者が絶賛するおすすめの
海外転職エージェントはこちら