履歴書

テンプレートに書きこむ海外転職で必要な履歴書の書き方【英文履歴書】

履歴書 英語

海外転職したい!まずは履歴書の作成をしようと思ってどう作成していいか悩んでいませんか?

海外転職の場合は英文で履歴書の作成が必要です。普段書きなれていない人は多いと思います。英語はできないし不安も多いなんて人もいるかと思います。

僕も英語はできませんでした。それでも英文履歴書を書くことができました。そこで今回は海外転職で必要な各履歴書の書き方を徹底解説していきます。

海外転職で必要な履歴書等の書類は3つ

海外転職で必要な履歴書は3つです。

  • 英文レジュメ(英文履歴書)
  • 履歴書(日本語)
  • 職務経歴書経歴書

以上の3つです。各書類をどう書いたら良いのか詳しく解説しています。

英文レジュメ(英文履歴書)の書き方

海外転職では英文レジュメ(英文履歴書)が必要になります。必要になるタイミングとしては外資系企業を受ける場合は面接の時に必要です。

日系企業の場合は会社によって面接の時に必要かどうか変わります。日系企業の面接で英文レジュメが必要でない場合も、就労VISA取得の時に必ず必要になるので、海外転職をするのであれば準備をしましょう。

英文レジュメの書き方の考え方

英文レジュメの書きは、最終学歴から現在の職歴までを書きます。だらだら書くのではなく、箇条書きでどんな仕事をどういったポジションでどんな功績を残してきたのかを書きます。

功績などに関しては売り上げなどの数字などで表すことができればより良いアピールをすることができます。

日本語の履歴書の場合はどういった苦労をしてどう成長したかのような、あなたが成長できたポイントを書くことが多いです。

外資系企業の採用基準は仕事の能力と実績、いわゆるあなたに何ができるか?で判断する企業が多いです。

なので英文レジュメはあなたの仕事の能力と実績を書いてあなたができる事、やってきた事をメインにアピールをすると良いです。

英文レジュメの必要項目

英文レジュメの必要項目を下記にまとめます。

  • 氏名(Name)、連絡先(Contact)
  • 希望職種(Objective)
  • 経歴やスキルの要約(SUMMARY)
  • 職務経歴(Work Experience)
  • 最終学歴(Education)

基本上記の項目が入っていれば問題ありません。僕は上記の項目を書いて英文レジュメを作りました。

では下記でテンプレートに沿って書き方を解説していきます。

氏名、連絡先(Name,Contact)

まずは氏名、連絡先、生年月日を書いていきます。

英文レジュメ 個人情報
氏名(Name) パスポートの名前を記入
連絡先(Contact) 日本とは逆で建物名から記入。ジュドレスを使うと分かりやすい。携帯番号とメールアドレスも記入。

氏名はパスポート名をそのまま記入でOKです。連絡先はジュドレスという日本の住所を英語表記に変換できるサイトがあるので使ってそのまま記入しみて下さい。

希望職種(Objective)

英文レジュメ 希望職種

次は応募職種(Objectuve)です。下記に英語表記の職種一覧をまとめました。参考にして自分の希望職種を書いて下さい。

営業担当,販売員 salesperson 医者 doctor
設計士 architect 編集者 editor
経理 accounting シェフ chef
行政書士 administrative scrivener ドライバー driver
講師 instructor, teacher 保育士 nursery teacher
システムエンジニア developer プログラマー programmer
ソフトウェア開発者 software engineer 獣医師 veterinary physician

経歴やスキルの要約(Summary)

英文レジュメ サマリー

経歴やスキルや要約(Summary)は特に最初に企業にアピールをしたい経歴やスキルや実績を書きます。

求人の募集要項で募集条件をクリアしている部分があれば、クリアしてる実績もSummaryに書いていきましょう。

【例文】

  • More than 5 years experience in trading automotive parts
  • Over 3 years experience as an auto parts factory manager

日本語訳

  • 自動車部品の取引における5年以上の経験
  • 自動車部品工場マネージャーの経験が3年以上

特に相手に気付いてほしい、見てほしい経歴やスキルを書くようにしてください。

職務経歴(Work Experience)

英文レジュメ 職務経歴

続いて職務経歴書(Work Experience)です。職務経歴書は新しい会社から順番に書いていきます。

会社名 英語表記の太字で記入
在籍期間 会社名と同じ行で右端に寄せて記入
ポジション(役職) 会社名のすぐ下に記入
在籍中の功績 箇条書きで記入。面接先の企業にアピールするポイント。

会社の英語表記はHPに載っている会社もあるので一度在籍していた会社を調べると良いです。

もしHPに英語表記がのっていない場合は会社名をローマ字表記にして後ろに「CO.,LTD.」をつけます。前株でも後株でも英語表記は後ろに「CO.,LTD.」をつけて記入して下さい。

在籍期間は月/年の順で記入します。在籍中の功績は主語が不要で、名詞や動詞から書いていき、その会社で何を達成してきたかを記入して下さい。

功績は特に企業にアピールするポイントになるので、数字など一発で見て分かる功績内容を書くと説得力が増します。

最終学歴(Education)

英文レジュメ 最終学歴

最終学歴は学校の英語表記がHPで載っていることがほとんどです。HPで確認して学部と学科まで記入して下さい。

最後に卒業した年を「,2015」のように,に続けて年を記入して下さい。

その他(Others)

英文レジュメ その他

最後にその他(Others)としてWordやExcelが使えるかなど、Summaryなど書けなかったスキルを書いて終わりです。

職務経歴書(日本語)の書き方

職務経歴書は今まで勤めてきた会社の業務経験やスキルを確認する為の書類です。そのスキルが活かせることを採用担当者にアピールします。

なので今まであなたがどんな仕事をして、どういった実績を残してきたかを考え、書き出してみてから職務経歴書を書いてみるといいです。

また書き出す時にはなるべく応募先の企業との接点や希望職種との接点を見つけながらキャリアを振り返ってみましょう。

そうすることでより採用担当にアピールができる職務経歴書が書けます。

職務経歴書(日本語)項目ポイント

職務経歴書 サンプル

上のテンプレートの①~⑤それぞれポイントを解説します。

①職務要約 特にアピールしたいポイントを書きだします。長い文章で書かずに100文字程度でまとめて書いて下さい。
②職務経歴 一番内容が多くなる部分です。業務内容を「どこで」「誰に」「どんなことをしたか」を書きます。特に実績などをアピールする場合は数字で書くと良いです。
③活かせる経験・知識・技術 実際に応募先の企業で活かせるスキルを書いていきます。
④資格 業務に関連する資格を持っているようであれば記入する
⑤自己PR 文章か箇条書きで記入します。勤めてきた経験で得たどんな仕事にも通用するあなたの強みをアピールしてください。

 

履歴書(日本語)の書き方

履歴書 テンプレート

履歴書はほとんどの人が書きなれている人が多いと思います。海外転職で特に気を付けるポイントとして、なぜ海外転職をしようと思ったか?をアピールしてください。

面接でも必ず聞かれます。「なぜあなたは海外で働こうと思ったのか?」

なので、履歴書にもこの質問の内容を事前に内容をしっかりといれておけば、書類審査が通りやすくなります。

できれば履歴書は企業や職種ごとに内容を変える

できれば履歴書は応募する企業や職種ごとに内容を変えた方が良いです。変えた方が書類審査の合格率が全然違うからです。

僕は最初に履歴書の応募の欄を「インドネシアで働きたい」というのをアピールして書いてしました。もちろんそれも大事です。

しかしその企業や職種に対してのアピールが履歴書になかったのです。そこで応募先の企業や職種の応募の理由もプラスで書いたら、書類の合格率が断然に上がりました。

なので、色んな職種の企業に応募している人はいくつかパターンに分けて履歴書を書いて転職エージェントにデータを渡しておくと良いです。

志望動機欄の書き方、修正例

履歴書 修正前

↑上記画像は僕が最初に使っていた履歴書です。あたりさわりなく「インドネシアでの勤務経験」を武器に書いています。

ただこれだけと書類審査がほとんど通らなかったです。応募している職種が営業の職種がほとんどでした。営業職に対しての志望動機として弱すぎるのが原因だと思います。

履歴書 修正後

そこで「インドネシアで働いていた経験」+「パーソルトレーナーの経験」「電話営業の経験」を加えて営業職へのアピールを強めて書きました。

修正後は書類審査の合格率が上がりました!職種ごとに履歴書を書き換えるだけで、書類審査の豪華率を上げることができます。

なので自分のキャリアや経験を振り返って応募職種、応募企業によって志望動機の内容を変えるようにしてみて下さい。

まとめ

今回は海外転職で必要な履歴書の種類3つを紹介しました。

  • 英文レジュメ
  • 職務経歴書
  • 履歴書(日本語)

各書類の出来ばえで書類の合格率が変わります。ということはあなたの志望している会社に入れるかどうかも変わってくるのです。

特に英文レジュメは書きなれていない分、どうやって書いていいのか分からなくなってしまう人は多いかと思います。そんな人は是非今回の記事を参考に各書類の準備をしてみて下さい。

30代で海外転職をする場合のおすすめエージェント
エージェント

最後に30代で海外転職をする時におすすめの転職エージェントを紹介します!

JAC Recruitment

JAC

JAC Recruitmentは語学スキルや職歴が豊富な人むけの転職エージェントです。一言で言えば高キャリア向けの求人を多く取り扱っています。

30代で海外転職を考えているのであれば、登録しておくべき転職エージェントです。

JAC Recuitmenthはこちら

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは比較的高キャリアむけの転職エージェントです。20代の経験が浅い年代よりも、30代以上の経験、キャリアが長い人向けのエージェントです。

また、ビズリーチはスカウトサービスがあるので、あなたに興味を持った企業が、直接採用交渉をしてくれます。

スキルや経験が豊富な人であれば必ず利用したいサービスです。

ビズリーチはこちら