30代

30代で海外転職するときに必要なこと【企業から求められること】

30

30代だし海外に挑戦なんてできない。今からでは海外転職なんて遅すぎなのではないかと思っていませんか。

30代でも海外転職はできます。むしろ、日本での長年の経験を活かして転職すると考えれば、ちょうど良いタイミングなのかもしれません。

ただし、海外で働くうえで気を付けたいことや、準備することは30代でも変わりません。やみくもに、いきおいに任せてしまうと失敗します。

そこで、今回は30代で海外転職をしたい人にむけてポイントをまとめていきます。

今回の記事のポイント

30代で海外転職をするうえで求められること
30代で海外転職をする際に気を付けるべき点

30代が海外転職をするうえで求められること

求める

まずは30代が海外転職をするうえで、特に求められることが多いことを書いていきます。

専門スキルや職歴

一つ目は専門スキルや職歴です。海外で働くうえでは専門スキルや職歴があることがで、転職がかなり有利に進めることができます。

特に海外転職の専門スキルとして、ITエンジニアスキルや機械エンジニアスキルが重宝されます。

ITエンジニアスキルは若い20代でもスキルとして持っている人は増えてきていると思います。

しかし、機械エンジニアスキルは長年の経験が必要になるスキルが多いと思います。例えば、この求人です。

プラスチック金型の求人

プラスチック金型製作の仕事です。給料はベトナムで3,000~5,000USD。

海外の求人はこういった、製造業の経験必須の条件が多いです。日系メーカーの工場が海外拠点を多く持っているので、求人がたくさんあります。

30代で製造業や工場で機械エンジニアとして働いている経験のある人は、かなり狙い目な仕事です。

経験者が語る!海外転職が有利になる必要なスキル海外転職を考えている人で、必要なスキルはいったいどんなスキルが必要なの?これからどんなスキルを身につけておけばいいの?と悩んでいませんか...

学歴

学歴は30代に限ったことではありませんが、海外転職では必要になります。よく「学歴なんて関係ない」と言われますが、海外転職では別です。

一番の大きな理由は就労ビザです。学歴が大卒以上でないと就労ビザが取れない国が多くあります。

特にシンガポールは、年々就労ビザの取得のハードルが上がってきていると言われています。

公開されている情報で、高卒で就労ビザを取得できる国はタイやフィリピンです。学歴は海外転職をするうえで、選択肢が5分1以下になってしまいます。

なので、学歴は海外転職をするうえではかなり重要なポイントになってきます。

就労ビザ取得の詳しいルールは国によって変わります。詳しい条件等は転職エージェントに確認をしましょう。

ビジネスマン握手
海外転職ができる具体的な条件【パターン別で紹介】海外転職をしてみたいけど、海外転職できる条件ってどんな?実際に働いたときにどんな条件で働くの?といった疑問を解説していきます。 海...

語学力

もちろん語学力も海外転職をするうえで必要なスキルです。特に30代となると、語学スキルを求められる場合が多くなります。

30代の求人は管理職レベルの求人も多くあります。管理職の場合は現地スタッフとのコミュニケーションが必須になりので、語学スキルを求められることが多いです。

また、別の国の拠点があった場合は、各拠点のマネージャーとミーティングをする時も基本英語です。

英語を使ったコミュニケーションが増えるので、必然的に語学スキルが求められることが多くなります。

一言でいえば即戦力

結論、30代の海外転職で求められるのは即戦力です。20代のような若い年代は、未経験の求人でも応募して、内定をもらえることが多いです。

しかし、30代となるとスキルや職歴がないと20代と比べると内定をとりづらくなってしまいます。

面接官も上司になるわけで、職歴やスキルがない20代と30代ならどちらを選びますか?おそらく20代を選ぶ人の方が多いと思います。

逆に30代でも職歴やスキルがあって会社の即戦力となれば、年齢は関係なく内定を勝ち取れます!

いかに自分が経験してきたことで、会社の即戦力になれるかを面接でアピールをするようにしましょう。

海外転職 面接
海外転職で8社面接を受けて思ったおさえておくべきポイント海外転職の面接で不安を抱えている人は多いと思います。そもそも海外転職の面接はどんな面接なの?どんな準備をしておけばいいの?英語は話すの?...

20代よりも30代が有利に海外転職ができるポイント

握手しているスーツ

30代の海外転職となると、どうしても20代や若い年代と比べて転職しづらいと思っていませんか?

30代の方が有利に海外転職をできる仕事を見つけることができれば、20代よりも有利に海外転職をすることができます。

日本での社会人経験は重宝される

特に日系企業への海外転職の場合、日本での社会人経験は重宝されます。業界によりますが、日系企業は取引先も日系企業になることの方が多いです。

そこで、日本でのビジネスマナー、社会人経験をしていることで、取引先にも失礼なく接することができます。

なので、企業としても、取引先が日系企業メインの場合は、日本人を担当につけたい会社が多いです。

30代で職歴が長い分、ビジネスマナーや顧客対応の基礎は重宝されます。

マネジメントスキルは大きな武器になる

海外転職でマネジメントスキルは大きな武器になります。年齢的に20代よりも、30代の方が会社で管理職についている人は多いと思います。

管理職やリーダーとして仕事をしてきた経験は海外転職で大きな武器です。

これは20代よりも、30代の方が数多くの人が持っている武器ではないでしょうか。例えばこの求人です。

リーダー 仕事内容リーダー 給料

「リーダー以上のご経験」とあります。いわゆる、管理職以上のポジションの経験をしてきた人材を求める求人です。

この求人は20代よりも、経験が豊富な30代の方が企業としては、欲しがる可能性が高いですね。

こういった自分の経験とマッチした求人を見つけることができれば、30代の海外転職は大きなチャンスが転がっています。

30代での海外転職をする場合に気を付けること

インドネシア お店

30代で海外転職をするうえで、気を付けたい、考えておきたいことも解説します。

転職後のキャリアもイメージしておく

これは30代に限ったことではありませんが、海外転職後のキャリアもイメージしておきましょう。

海外転職後のキャリアをイメージしておくことで、海外転職の目的を明確にすることができます。

  • 海外で永年移住を考えている
  • よくよくは海外で得た経験を日本に帰国して活かしたい
  • 次のステップとしては外資系で働きたい

など海外転職の目的は人それぞれあると思います。

30代という大切な時期の転職を失敗してしまった!とならないように、なんとなく海外転職をしようと思ったとだけはならないようにしたいですね。

海外転職をする理由とは?【ネガティブな理由でも気にしない】あなたの海外転職をしようと思った理由は何ですか?もちろん、一人それぞれの海外転職をしようと思った理由は違うと思います。 これから海...

既婚かどうかで選択が大きく変わる

30代となるとすでに結婚をしている人は多くいるかもしれません。

日本でも転職ももちろんですが、海外転職となるとより家族のことを考え転職をしなければなりません。

  • 生活環境
  • 子供の教育
  • 海外の給料

家族での移住となると、関わることがいくつもでてきます。この条件全てに合う海外転職をするのは簡単ではありません。

自分ひとりで決められることができないことがたくさん出てきます。既婚の人であれば、家族でしっかりと相談をして海外転職を考えましょう。

海外転職を機会に家族で海外移住が決まった時の問題と対応夫が海外駐在員に!家族で海外移住をすることになったけれど、家族で海外移住は大変じゃないの? そもそも家族で移住するべきかどうかを悩...
30代で海外転職をする場合のおすすめエージェント
エージェント

最後に30代で海外転職をする時におすすめの転職エージェントを紹介します!

JAC Recruitment

JAC

JAC Recruitmentは語学スキルや職歴が豊富な人むけの転職エージェントです。一言で言えば高キャリア向けの求人を多く取り扱っています。

30代で海外転職を考えているのであれば、登録しておくべき転職エージェントです。

JAC Recuitmenthはこちら

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは比較的高キャリアむけの転職エージェントです。20代の経験が浅い年代よりも、30代以上の経験、キャリアが長い人向けのエージェントです。

また、ビズリーチはスカウトサービスがあるので、あなたに興味を持った企業が、直接採用交渉をしてくれます。

スキルや経験が豊富な人であれば必ず利用したいサービスです。

ビズリーチはこちら