インドネシア

人生で一度は行きたいインドネシアのRaja ampat(ラジャアンパット)

Raja ampat の紹介サムネ②

インドネシアのおすすめの観光スポットはと言われたどこを思い浮かべますか?おそらく多くの人がバリやロンボックといった観光スポットを思い浮かぶ人が多いと思います。

もちろん、バリやロンボックも綺麗で素晴らしい観光スポットです。でももうすでに行ったことがある人が多いと思います。

そこで、今回はインドネシアでバリやロンボックではなく、一度は行きたい観光スポット「Raja ampat」ラジャアンパットという場所を紹介します。

今回の記事のポイント

・Raja ampatの魅力
・Raja ampatへのアクセスや費用

人生で一度は行きたいインドネシアのRaja ampat

では早速、Raja ampatを紹介していきます!

Raja ampatの魅力

綺麗な魚

まずRaja ampatの魅力はなんといっても海です!海の透明度の高さと、実際に見られる魚の種類の多さから「奇跡の海」と言われています。

魚の種類でいうと、1472種の魚の種類を見ることができるのです。この数は世界の10分の1の数がRaja ampatで見られます。

また、サンゴ礁の数もかなり多く、海の透明度も高いので海を眺めているだけでも、幻想的な風景に包まれそうですね。

多分、One Pieceのリアルオールブールに一番近い海でしょう。

もう一つの魅力は内陸の探検です。森の自然から、日本では見ることができない動物も見ることができます。

フクロネズミ、アオサギ、深紅のバード(パラダイスで有名な鳥)もRaja ampatで見ることができるようです。

日本では見ることができない、自然や生き物を見ることができます。

Raja ampatの場所

Raja ampatの実際の場所はインドネシアのニューギニア島の北西海外に位置しています。島の数でいうと約1500島があり、ほとんどが無人島です。

人が実際に住んでいる島は約35島と言われています。これを聞いただけもわくわくしてきますよね。

ジャカルタから見ると、かなり東に位置して日本との時差はありません。(ジャカルタの時差は2時間)

4つの王

Raja ampatは4つの王という意味を持っている名前です。日本語に訳すとRaja=「王」、ampat=「4」という意味になり、直訳すると「4つの王」になるわけです。

この「4つの王」のもとになっている代表的な島が4つ

  1. ワイゲオ島
  2. ミソール島
  3. バタンタ島
  4. サワラティ島

の4つです。なので、主にこの4つの島をメインでRaja ampatを楽しみます!

3つのプレートが重なりあっている

Raja ampatは多くの生態系が存在しています。その大きな一つの理由として、地球の3つのプレートが重なり合っているからだと言われています。

4つの王、4つのメインの島の紹介をしましたが、昔はこの4つの島は離れていたそうです。

長い時間をかけて3つのプレート(太平洋プレート、ユーラシアプレート、オーストラリアプレート)が移動してRaja ampatで重なりあったのです。

なので、この3つのプレートの生態系やサンゴ、様々な環境が入り交ざりできたのがRaja ampatになります。

ダイバーの資格が無くても十分に楽しめる

Raja ampatはダイバーの資格が無くても十分に楽しめるスポットです。例えば

  • 森でバードウォッチング
  • シュノーケリングで海中散歩
  • 水中洞窟の探検
  • 展望台に行って絶景を楽しむ

とダイビング以外にも楽しむ方法はいくらでもあります。

もちろん、ダイビングの資格があった方が選択肢は広がりますが、無くて十分に楽しむことが出来るのがRaja ampatです!

Raja ampatへのアクセス方法

ラジャアンパット行き方

では実際にRaja ampatのアクセス方法を詳しくみていきます。

  • 日本→ジャカルタ(7.5時間)
  • ジャカルタ→ソロン(7時間)(乗り継ぎ有)
  • ソロン→Raja ampat(2時間)(フェリー)

大きく見ると上記の流れです。合計で16.5時間はかかります。インドネシア首都ジャカルタからも少々遠い位置にあるので時間は移動だけでも、1日はかかってしまいますね。

実際にRaja ampatに行く際は、ある程度余裕をもって移動したよさそうです。

ホテルはワイゲオ島でとるがおすすめかも

ワイゲオ島

ホテルはワイゲオ島で予約をすることを考えた方が良いと思います。実際にブッキングドットコムでRaja ampat周辺のホテルを検索したら、ほとんどがワイゲオ島にありました。

ホテルがあれば、他の食事をするお店なども近くにあるはずなので、ワイゲオ島を拠点で動くのが一番効率良く楽しめると思います。

5000円ホテル

値段はピンキリですが、安い宿で一泊5000~6000円くらいの宿がありました。結構ローカル感満載ですが。

たまにはこういう所で寝泊まりするのも良いかもしれませんね。

そればちょっと、、という人は一泊一万円くらいで結構きれいな宿に泊まることができます。

インドネシアの相場で言ったら少し高めの印象です。

Raja ampatその他の見どころ

ラジャアンパット②

 

最後にRaja amaptのその他の見どころを紹介していきたいと思います。

野生のマンタ

マンタ

運が良ければ、Raja ampatでは野生のマンタに出会えることができます。ただ、現地に行っても必ず出会えるわけではありません。

様々な条件が重なって運が良ければ野生のマンタを見つけることができるかもしれません。

日本では野生のマンタを見ることなんてほとんどできないです。Raja ampatに行ったら是非チェックしておきましょう。

歩くサメ

なんとナイトダイビングをすれば、ラジャエポーレットシャークという歩くサメを見ることができます。

Raja ampatを代表する魚の一つで、現地に一度は見ておきたい魚です。体の側面にエポーレット(憲章)のような模様があるのが特徴です。

ラジャエポーレットシャークは夜行性で、昼間はサンゴの中で眠っているため見ることが出来ません。

ダイバーの資格がある人はナイトダイブをして是非チェックしてみて下さい。

Pianemo(ピアネモ)

ラジャアンパット

PianemoはRaja ampatでも代表的な景色の一つです。パンフレットの表紙などにもよく使われていて、インスタ映えすること間違いなしです!

場所はPulau Penemという島に展望台があり、そこで見ることができる景色です。

綺麗な海と、幻想的な島々を一望できます。

まとめ

今回は人生で一度は行きたいインドネシアの観光スポットを紹介しました。簡単に行ける所ではありますが、行って損はしないスポットだと思います。

特にダイバーの資格がる人はおすすめします。Raja ampatの一番の魅力は海です。

その海の魅力を一番感じることが出来るのはダイバーの強みだと思います。インドネシアナンバー1のダイビングスポットと言っても過言ではないでしょう。

是非Raja ampat興味がある人は行ってみて下さい。

海外転職の転職エージェントおすすめはこちら
空を見上げるビジネスマン

海外転職で悩んでいる人は無料の転職エージェントに必ず利用しましょう

実際に海外の求人を自分で探すのは難しいです。。実際に僕もまずは転職エージェントにキャリア相談をしました。

日本と違って海外転職は手続きも多くあります。自分でVISAの手続きとか面倒ですよね。なので、全面的にサポートをしてくれる転職エージェントを活用しないと損です!

無料なので使った方が良いですよ!

企業の面接と違って気軽に話せるので、気軽に転職活動ができます。

海外転職者が絶賛するおすすめの
海外転職エージェントはこちら