フィットネス

【レビュー】トレーニング時に使うオススメのワイヤレスイヤホン厳選2選

最近は主流になってきたワイヤレスイヤホン。今までワイヤレスイヤホンを使ってなかった人は是非使ってほしい。ほんとに世界が変わります。

それは言い過ぎと言う人もいるでしょう。ただ僕は買ってよかった、ほんとにワイヤレスイヤホンのおかげでトレーニングに集中できることが出来ました!

そこで今回はトレーニングの時に使えるワイヤレスイヤホンを紹介します。

 

今回の記事のポイント

トレーニング時にワイヤレスイヤホンを使うメリット、デメリット
おすすめのワイヤレスイヤホン

トレーニング中に音楽を聴いてる人で、まだワイヤレスイヤホンを持ってない人はほんとにオススメだぞ!一度使うとトレーニングの必須アイテムになる!
マッスル
マッスル

ワイヤレスイヤホンとは

 

ワイヤレスイヤホン種類

ワイヤレスイヤホンは3種類あります。

  • 完全ワイヤレスイヤホン
    完全に片耳ずつ独立してるやつ
  • ネックバンド型
    首にかけて使うタイプ
  • 片耳タイプ
    片耳だけのタイプ

 

 

画像で見るとこんな感じです。

完全ワイヤレスイヤホンイヤホン

 

ネックバンド型

 

片耳タイプ

 

トレーニング中に使うのであればオススメは間違いなく完全ワイヤレスイヤホンです。普段はランニングの時だけですっていう人はネックバンド型でもありです!

片耳タイプはどちらかというと仕事などで使うタイプの物です。

 

トレーニングでワイヤレスイヤホンを使うメリット

ワイヤレスイヤホンメリットとして

  • トレーニングに集中できる
  • トレーニング中に携帯をポッケに入れておく必要がなくなる
    携帯で音楽を聴いてる人限定

 

ワイヤレスイヤホンを使うことで、コードが無くなるのでトレーニングの集中が一段と上がります!

普通のコードがあるイヤホンを使ってる時は、コードが引っ掛からいように少し注意をしながらやってました。それがワイヤレスイヤホンを使って全く無くなったのです。

音楽を聴きながらストレスフリーで手足を動かせる!最初はテンションがかなりあがりました!

あとは携帯をポッケに入れておく必要がなくなりました。携帯を常にポッケに入れておく人は別ですが、僕は基本トレーニング中は携帯いじらないです。なので、ズボンもストレスフリーになって動きやすくなります!

電話やメッセージもワイヤレスイヤホンをつけておけば音で気付きます。すぐ近くの棚や邪魔にならないところに携帯を置いておけばおっけです。

 

ワイヤレスイヤホンのデメリット

ワイヤレスイヤホンのデメリットとして

  • 値段が少し高い
  • たまに接続がうまくいかないことがある
  • 充電が短いものがある

 

コードがあるイヤホンよりも値段は少し高めになります。ですが、最近はワイヤレスイヤホンの数も増えて、様々な価格帯の物が出てきています。自分の予算にあったものが必ず見つかるはずです!

接続はたまにうまくいかないことがあります。これはワイヤレスになった分しょうがない部分でもあります。ですが物によりますが、ワイヤレスの接続の技術が上がってきています。正直最近はほとんど気にならないレベルです。

ワイヤレスイヤホンは充電が必要です。充電の長さはイヤホン単体で短い物だと2時間ほどです。長いものだと10時間くらいです。2時間だとトレーニングだと少し物足りない感じがします。できれば充電時間は少し長い物を選ぶと良いでしょう。

 

オススメのワイヤレスイヤホン

 

実際にいくつかのワイヤレスイヤホンをトレーニング目線でお店で試供してみました。

もちろん音が良かったりデザインが良かったり、様々な物があります。回はトレーニング中に使うを観点に僕が実際に使ってきた厳選の二つを紹介します。

一番のポイントとしては二つともトレーニング中でもフィット感が高く、外れる心配がない物です!是非トレーニング中に使うワイヤレスイヤホンを探してる人は参考にしてください。

トレニー
トレニー
やっぱり一番良いのは完全ワイヤレスイヤホンなのかな
そうだね!トレーニングで使うってなったら完全ワイヤレスイヤホンが一番!
マッスル
マッスル
ネックバンド型もありだけど、やっぱり後ろにかかるバンドが気になる時がある。
マッスル
マッスル

パワービーツプロ

これは実際に僕が今使ってるワイヤレスイヤホンです!一言で言うとトレーニングで使うワイヤレスイヤホンを探している人全員にオススメします!

 

パワービーツプロの特徴・完全ワイヤレスイヤホンだが接続が凄い安定してる
・音がかなり良い
・イヤーフックのおかげで、トレーニング中も安定してる
・アップル製品との相性が抜群
・ワイヤレス単体で9時間の稼働が可能
・IPX4の防水機能
・カナル型で遮音性が高い
・5分の充電で90分の急速充電
・設計全てがトレーニングの為に作られてる

 

これだけ読めばいかにトレーニングの時にパワービーツプロが優れているか分かると思います。パワービーツプロの公式ホームページでもトレーニングの時に使うことを考えて作ったと書いてます。

充電の切れる心配はなく、安定してる通信とイヤーフックがついてる。文句なしですね!

しいてデメリットをあげるとしたら、値段が高いのと、ケースが少し大きいことですね。値段は約24,000円です。僕は毎日使う物なのでここは我慢せずに購入しました。高い買い物でした今では良かったと思ってます!

 

ケースがでかいのはいなめないです。その分急速充電とケースだけで24時間の充電が可能になってます。あとはイヤホン単体だけで9時間の稼働が可能なので、ケース持っていかないでイヤホンだけでも十分にもちます!

【b】のところがボタンになっています。ここで、再生、停止、曲送り、曲戻しの操作ができます。また本体の上部に音量調節のボタンがあるので、耳につけたまま操作が可能です。

またパワービーツプロはアップル製品のH1チップを搭載してます。アップル製品であればデザインの相性が抜群です。

 

 

Zolo Liberty+

これは僕がパワービーツプロを使う前に使っていたワイヤレスイヤホンです。

Zolo Liberty+の特徴・価格が一万円未満
・イヤーフック4種、イヤーピース3種入っている
・フィット感が高い
・IPX5の防水機能
・単体約3時間、充電ケースで48時間の充電が可能
・一応周囲の音の取り込み機能がある

僕が買った時は15,000円ぐらいでした。ですが今なら1万円をきってます。

当時はワイヤレスイヤホンが話題になってきたタイミングだったので、色んなワイヤレスイヤホンがありました。そのなかでもZolo Liberty+はフィット感が抜群に良かったです!

一番のポイントはイヤーフック4種、イヤーピース3種が入ってるので、様々な人に合うサイズに調整できます。

音質はパワービーツプロほどではありませんが、十分に良いです。ただ接続がたまに途切れます。ここが難点ですね。

それ以外をとれば、フィット感、充電時間がいいので非常にコスパパフォーマンスが良い製品です。製品自体もトレーニングで使う時に特化するように作られています。パワービーツプロの値段は予算が、、、なんて人は是非Zolo Liberty+を試してみて下さい!

 

Anker Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) (ホワイト)

 

[blogcard url=”https://t-i-world.com/training-music”]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はトレーニング中に使うオススメのワイヤレスイヤホンを紹介しました。

最初にも言いましたがワイヤレスイヤホンをまだ使ってない人は損してます。それぐらいトレーニング中の集中力が上がります!是非まだワイヤレスイヤホン使ってない人は参考にしてみて下さい。